ってことで昨日新しいPVとともに本格的なプロモーションが始まった

ニンテンドーラボ

お店の方にも今後の販促プランなど案内が届いています。


正直、商材としては過去に例がないのでどんな感じに流行るのかはまったく「予測がつかない」





この「作る」部分は個人的にも非常に刺さるのですが(笑



やはり商材として見ると・・・・「価格」の部分にお客さんがどう反応するか?
なんですよね。


例えばターゲットとなる層で被ってるかもしれない商材で言えば
Wii-FITに近い物を感じますが
Wii-Fitは9500円でしたがやはり「機械」でしたしそういった意味では
納得の販売だったと思います。


今回は自分で「作る」のも売りにしている事もあり素材は段ボール、
PV見る限りでは極力製作が難しくならないように作られているのは感じます。


でも逆に言うと人によっては
「段ボールの工作キット」
にしか見られない、とも言えます。

この部分がニンテンドーラボを「商材」として見ると「予測がつかない」になるんですよね。


って言ってもダンボールの工作キットだからこそこの価格に設定できているのも判りますけどね。


ディアゴステ〇ーニの「週刊自分で作る〇〇」みたいに本格的な物で
コントローラー作ったらまず3万超えるでしょうし(笑